自然言語処理研究室 山梨大学 福本研究室

 

 福本研究室は自然言語処理の研究に取り組んでいます. 自然言語処理は、私達がコミニュケーションの手段として用いている言葉を計算機で処理する研究です. 言葉を計算機で処理するためには,単語の形態や構文,意味などの情報を知識として蓄積する必要があり,これにより例えば 大量のテキストデータからユーザが望む情報だけを端的にまとめて提示することができるようになります.私達は,人間が行っている言葉に関する知的な処理を計算機で実現することを目指しています.














リンク